めたもるゆきにゃー☆

第487回 がきんちょハウスの訪問者!?の巻




キン肉マン2世・究極の超人タッグ編】│コメント:11


 2週間ぶりでしたけど、あんまり気にならなかった今週の二世ですー

 そーいえば、二世の単行本の新刊がでてましたけど、片方の表紙がウォーズマンとマンモスマンでした。
 いつものことですけど、表紙で思いっきりネタバレするのはどうかと思うわけです。
 超人オリンピック決着の巻も、中表紙でケビンがベルトまいてたりしましたし…

 ともかく、今週のレビューを。

☆あらすじ

 スグルがたいへんやばいことになって、万太郎は「父上はほんとにダイジョブなのか?」と心配。
 ネプは「マシンガンズはこれで脱落決定」とゴキゲン。

 嬉しそうに「例を言うぜ」とサンダーに握手を求めるも、手をはたかれてしまい「?」と不思議がるネプ。

 これは、初代でネプがロビンの手をはたいたオマージュなのでしょうか?
 嬉しそうに握手もとめて、はたかれて、不思議がるネプが情けなすぎです(;´Д`)
 もうこのおっさん、毎週何かするたびに株が落ちていってます…
 初代のときの「お前らとは違う」という圧倒的な自信がなく、ほんとにただのラッキー続きのおっさんですな(;´Д`)

 サンダーいわく、「おっさん、準決勝でオレたちが当たる可能性もあるんだぜ」ということでネプは納得。
 ネプはそんなことも考えず、仲良しこよしのつもりだったらしい(;´Д`)

尻アゴボス「なるほど、悪の結託はここまでで、今からお互い敵同士か」
尻アゴパシリ「バゴォォォ」

 なんかもう、マンモスマンは完全にネプの取り巻きというかパシリというか、いやもうとにかく、だめだこいつ早くなんとかしないと(;´Д`)
 なんか、このコンビみてると、脱力感というか言葉がでないというか、頭かかえたくなってきた…
 考えれば考えるほど頭をかかえたくなるので、そのうちゆきは考えるのをやめた。

 ちなみにこの超反則に対して委員長は1つもとがめることなく、3日後に抽選するというアナウンス。
 試合後に発動する呪いなんだから、試合延期しろよ(;´Д`)
 なんなんだこのマンガはというか理不尽すぎるというか、考えれば考えるほど不快なのでそのうちゆきは(ry

 さて、マンタとカオス。
 カオスは、自分にとって次が最後の戦いになるかもしれないからガキンチョハウスをみておきたいと、尋常じゃない決心でマンタに話します。
 これにはさすがにビックリし、カオスの覚悟を感じるマンタですが、笑顔でハラが減ったんだろうと切り返し「ボクがついている限り絶対にお前を死なせはしないから」と耳打ち。

 このところろくでもない展開ばっかだった二世で、なんか久々に、ちょっといいシーンを見た気がしました。

 で、ガキンチョハウスにいったら、マリさんが来てました、と。
 あんまり気にならないんで安心して年を越せる2週間後に続きます~

☆今回株が下がった人

 ネプとマンモスマンは出てくるたびに下がってる気がする。
 マンモスマンは知性のかけらもないし、ネプは嬉しそうに握手しようとするし。
 いや、考えるのをやめよう(;´Д`)

☆感想とか

 スグルが死んだらマンタも消えることは誰も気がついてないのだろうか。

 これは一応主人公の一大事で、シャレになってないのでは。
 マンタも「ボクがついている限り死なせない」って、そのボクが一番やばいのに気付いてるんだろうか…

 スグルがやばくなってきたら、マンタが消えかけて「ああ~~~っ!!」とかいうことになりそう。
 で、ネプは「グフフ、ねらいどおり」とか言い出したりとか。
 そのイベントで、スグルはマンタを息子と認めるとか、そんな展開でしょうかねぇ。


コメントを見る:11 コメントする
パソコン版

(c)めたもるゆきにゃー☆

Warning: main(ads/) [function.main]: failed to open stream: No such file or directory in /home/yukinyan/www/shopping/i/adshuffle.php on line 22

Warning: main() [function.include]: Failed opening 'ads/' for inclusion (include_path='.:/usr/local/php/4.4/lib/php') in /home/yukinyan/www/shopping/i/adshuffle.php on line 22