めたもるゆきにゃー☆

第523回 キン肉マン、偉大なる父の愛」




キン肉マン2世・究極の超人タッグ編】│コメント:8


 今週の二世、ちょい遅れてすいません~
 キッドの読みきりのほうも読んではいるんで、レビューは適当におまちあれ。

あらすじ

 みんな忘れてたけどいいんちょだけは覚えていたマスク剥ぎ。
 ほんとにこいつらそろいもそろって健忘症(;´Д`)

 凛子は「あまりにすばらしい攻防で忘れていた」とかなんとかいってますが、すばらしいどころかグラグダ極まりなかったかと。
 まぁ終盤の攻防は観客の立場からみたらすばらしい攻防だったかも。

 そんな中、ネプはものっすごい複雑というか、正直剥がして欲しくないみたいな態度なわけで。
 やっぱり善人化フラグっぽいけど、人の皮はいどいて、どう説明つけるのやら。

 ともかく、マンタは「やっぱりムリだ」と剥がせないでいるのですが、スグルのお言葉。

「何を弱気な我が子よ。キン肉万太郎よ。父の覆面を剥ぐんだ」

 やっと認めたー。
 マンタが耳を疑いもう一度いって欲しいというと、スグルはもう一度マンタを息子といい、いつから気付いていたかの問いにこたえます。

 スグルによると、来たときから予感があって、マンタの様子を見続けていてそれが核心にかわったとか。
 親子対決にふみきったのも、未来の超人界を託せるかどうかを試したく、必殺技を繰り出したのは火事場のクソ力で耐えられると確信してたからだそうで。

 それを聞いたマンタは涙、感動の親子の抱擁が実現。

 感動的なシーンというか、ようやく認めたというか、たぶんこのマンガのテンポがよければこれでもよかったんだろうけど、あまりにテンポが悪すぎたせいで、認めるまでが異常に長かったという印象。
 タメが極端に長すぎました。
 あと、息子とわかってるならマスク剥ぎデスマッチはやめとけと。
 どういう心境であれを提案したのかさっぱり。

 で、父のマスクを剥げと無茶ふりするスグルですけど、そこにキッドが「スグルが死んだらマンタも消えちゃうからダメー」という趣旨の発言。
 これに気付いているヤツがいたのにちょっとびっくりした。
 なんかここんところキッドはするどいというか、他のキャラが鈍感すぎるだけで、キッドは普通レベルなわけですが(;´Д`)

 しかし、スグルはそんなことはきかず。

「わたしひとりがどうなろうが、キン肉王家は不滅だ」

 といって、マスクを脱ごうとします。
 いやだから、お前が死んだら目の前にいる息子も消えるわけなのですが(;´Д`)

 そんなわけで、どうなることやら、フェイスフラッシュは出るのかというかんじで次回~


コメントを見る:8 コメントする
パソコン版

(c)めたもるゆきにゃー☆

Warning: main(ads/) [function.main]: failed to open stream: No such file or directory in /home/yukinyan/www/shopping/i/adshuffle.php on line 22

Warning: main() [function.include]: Failed opening 'ads/' for inclusion (include_path='.:/usr/local/php/4.4/lib/php') in /home/yukinyan/www/shopping/i/adshuffle.php on line 22