めたもるゆきにゃー☆

本日の写真公開はお休み


日記】││コメントする


コメント
amiga│2007/5/21

今回の紫かぶりはカメラの特性もあるけど
まずは中央測光でね
(んなの常識ジャンって、言われるかも)

色補正はどちらかっつーと、最後の手段に近いから
(忍者部隊月光の銃みたいなもの?)
色かぶり、いちいち直してたら
めんどくさいだろうし
やり始めると、切りがなかったりして

あ、でも
ふりふりぴんくな部屋いいかも


だいちゃ│2007/5/21

前回はつい,少々きつめのコメントをしてしまいました。
でも,それはゆきにゃんの美しさが隠れてしまっていると感じてのものです。
今までレベルの高いものばかりでしたから,少しでも下がると「どうしたのかな?」と思ってしまうわけです。

ゆきにゃんほどのレベルですと,やはりスタジオで撮るのが自然だと思いますね。
それで写真集が高くなろうとも,それだけクオリティが高くなればむしろお得ですから。


覆面│2007/5/21

やはり自然光が一番美しい。お花見の時の公園の写真は日の光を浴びて実に健康的であった。
だが残念なことに、野外で下着はポリスざたである。
無念なり。


不明│2007/5/22

取り合えず、段ボールにアルミ箔とか張ってレフ版でっちあげて、複数方向から光あてるとキレイに撮れるよ。
出来れば、正面から光当てないほうがいいけど。


│2007/5/22

メイクはアイシャドー無いほうが良いよ。
厚化粧し過ぎな気がする。

脚は生脚より
パンティーストッキングを履いた方が綺麗。
パンティーストッキングを履いた脚が見たいです。


+tick/セツナ│2007/5/23

はじめまして。
私もときどきセルフ女装してます!
写真屋に勤めていた経験がありますので、少々おせっかいを。
まずお部屋の光源についてですが、
無色の蛍光管にも黄や青味がかった光のものがあるので、撮影に悪影響を及ぼすことがあります。一度チェックしてみると良いかもしれません。
目元が暗くなってしまうときは、床に何か光源を用意すれば良いです。
部屋に差し込む自然光を利用するのも手です。その場合フラッシュ無しのやや逆行気味のショットを撮るのも意外に良いです。
あと色を補正するときの基本ですが、これはデジカメのお店プリントでも定番ですが、画像の白いものを撮った部分が「ちゃんと白く映っているか」を見ます。例えば服のレース部分や近くの置物、背後の壁など、もともとは白い物が、画像を見たときに青みがかって映っていたら、その青色が画像全体に乗っている・・・と考えます。だから色補正の際に青色を引いてやると本来の色に近づくというわけです。(ただ、お写真のムード感が損なわれることもあるので、しないほうが良いことも多々あります。)色補正ソフトは自動で調整する機能があるとは思いますが、もしご存知なければ手動調整の際役立つかもしれません。
その他ですが、
広角レンズで寝そべったポーズなどを撮ると歪みが出ますのでご注意を。
あとアルコール摂取時やお風呂上りに火照った状態での撮影は避けましょう。皮膚が赤ピンク色になり、色補正効果も期待できません。
それからゆきにゃんはあまりメイクをしなくてもキレイなのでは・・・?なんて思ったり。セルフの撮影ってエネルギー使いますよね!無理をせずこれからも頑張ってください!長文失礼しました。


名前:

コメント


この情報を登録しますか?


パソコン版

(c)めたもるゆきにゃー☆

Warning: main(ads/) [function.main]: failed to open stream: No such file or directory in /home/yukinyan/www/shopping/i/adshuffle.php on line 22

Warning: main() [function.include]: Failed opening 'ads/' for inclusion (include_path='.:/usr/local/php/4.4/lib/php') in /home/yukinyan/www/shopping/i/adshuffle.php on line 22